株式会社 横浜マイクロシステム

会社概要

会社概要

社名

株式会社 横浜マイクロシステム

所在地

〒220-0061 横浜市西区久保町13-25 3F

資本金

10,000,000円(2017年5月現在)

代表者

代表取締役社長 芦沢 博明

加入団体

関東イメージ情報業連合会

日本イメージ情報業連合会

横浜商工会議所


沿革

1974年 5月  株式会社横浜マイクロシステム設立し、マイクロフィルム撮影業務を開始。
1983年 9月  資本金500万円に増資。
1988年 12月 新社屋(5階)完成、移転。
1989年 2月  電子ファイリング会社を買収し、横浜駅西口に受託センターを開設。
1989年 3月  COMセンターを開設し、地銀のCOM(コンピュータ・アウトプット・マイクロフィルム)受託業務を開始。
1999年 10月 民間製造企業から移転に伴い800万頁削減のコンサルと電子化を受注。
1992年 2月  電子帳票システム装置を導入し、受託を開始。
1994年 5月  資本金1,000万円に増資。
1996年 6月  電子データから直接マイクロフィム化可能なコンバータ装置を導入、受託開始。
1997年11月  自治体向け文書管理システムを開発、納入。
2005年 3月  ISO11506に準拠するアーカイブライター装置を導入、受託開始。
2005年 9月  保険契約書などの300万頁の電子化とWeb対応ファイリングシステムを一括受注。
2007年10月  製造図面・資料120万頁を電子化し、客先サーバー登録業務受注。
2007年 7月  JISQ15001(プライバシーマーク)取得。
2008年 8月  金融機関のシステム運用請負業務を開始。 
2010年12月  ISO9001(品質管理マネジメント)を取得。
2011年3月  電子データの長期保存を確かなものにするデジタル・マイクロ・アーカイブを110万頁受託・納入。
2011年 4月  自治体向け文書管理システム(SAMⅡ)開発、販売開始。


サービス業務内容

企業情報を活性化させ、ネットワークの有効利用を促進するドキュメンテーション

  • 保存文書の分類、整理から検索データベース化まで文書管理のアウトソーシング
  • 取扱説明書、仕様書、マニュアルなどの標準配信形式PDFからSGML、XML化の入力支援
  • マイクロフィルムをパソコン上で利用できるコンバージョン・サービス ・大量文書を短期間でデジタル化し、データベース化も実現できる総合ドキュメンテーションサービス
  • 磁気テープ(PIT)を短期間でCD-Rに変換し、多角検索が可能なメディア変換サービス

会社の特色

  • 最新のデジタルとマイクログラフィックスの技術を融合させ、あらゆる情報をネットワークに対応するシステムインテグレータをめざして創業以来4半世紀、信頼と実績に基づく受託業務を展開しています。

営業品目

  • デジタルデータの長期保存性を保証するダイレクトマイクロフィルムへの保存業務
  • 図面「文書類の電子化及びマイクロフィルム化受託業務(35㎜、16㎜、マイクロフィッシュ)
  • マイクロフィルムからメディアコンバージョン業務
  • テキスト化変換業務(XMLなど)
  • 文書及び図面情報のネットワーク構築へのコンサルテーションから受託業務 データ入力業務
  • データ入力業務
  • メインフレームデータをCD-Rへの電子帳票化業務
  • 図面管理室や技術資料センターの派遣による請負業務
  • 保存文書類の検索目録データベース化委託業務
  • 自治体向けのラスター情報による電子地図化
  • その他、関連機器の販売

地図